fc2ブログ







猿ヶ森小学校

青森県下北郡東通村のあった、小学校。

2021年秋に解体。


_DSC4237_8_9_hdr_01.jpg


_DSC4129_30_31_hdr.jpg


_DSC4183_4_5_hdr.jpg


_DSC4150_1_2_hdr.jpg

児童は3名  武志と夏樹は兄弟。

_DSC4222_3_4_hdr.jpg


_DSC4147_8_9_hdr.jpg


_DSC4228_29_30_hdr.jpg


_DSC4119_20_21_22_23_hdr.jpg

木造と言う理由かもしれないが、北国の学校の体育館の屋根は、ことさら頑丈に出来ているように見える。

_DSC4279_80_81_hdr.jpg


_DSC4285_6_7_hdr.jpg


_DSC4288_89_90_hdr.jpg


_DSC4291_2_3_hdr.jpg


猿ヶ森小学校 さようなら・・・・
スポンサーサイト



[ 2022/08/17 20:37 ] 東北地方の廃墟 | TB(0) | CM(0)

廃校の日 K分校

今日は8月15日 廃校の日。

廃校の日は、9年くらい前に廃墟界の重鎮であるマッハ山下氏が命名したと記憶している。

と言うことで、マッハ山下氏と一緒に行った山中にポツンとある、とてもし小さな小学校(分校)を紹介します。


集落を貫く道から細い神社につながる、斜面の端に掛けられた階段を上ると校舎に到達する。

階段から足を踏み外せば、10mくらいの高さから転落してしまう。

現代からは想像もつかない通学路であるが、この地に住んでいる人から見れば、通路としては当たり前の物だったのだろう。

山深いところに位置する集落は、現在は見渡すところ1軒のみで、そこに住まわれているおじいちゃんはこの分校に通っていたとのことで、中学校は山向こうまで

2時間程度をかけて通っていたとのこと。


_DSC8541_HDR.jpg

以前は、この教室には机と椅子が一つのみであったが、誰かが隣の教室から移動させてセッティングした模様。

_DSC8571_HDR.jpg

この小さな分校は教室が二つ。

残留物も、教室にある棚の引き出しの中に昭和30年代位の教科書などがあるが、その他特にありません。


_DSC8576_HDR_1.jpg


_DSC8601_HDR.jpg


_DSC8616_HDR_1_01.jpg


_DSC8626_HDR.jpg


_DSC8656_HDR.jpg


_DSC8696_HDR.jpg


実は、今回が4回目の訪問。

特に何かがあるわけではないが、この廃校の雰囲気が好きで時々訪れたくなります。


_DSC8711_HDR_1.jpg

玄関の軒には、アルミ製の灰皿が打ち付けられています。

今ではもう見ることが無くなった古い形の灰皿。

吉本の島木譲二がパチパチパンチをしていたアレである。

何故軒につけられたのでしょう?


_DSC8716_HDR.jpg


_DSC8746_HDR.jpg

訪れる度に建物の崩壊が進んでいる。

この学校も終わりが近いのかもしれない。
[ 2022/08/15 20:03 ] 中部地方の廃墟 | TB(0) | CM(0)

幽霊ペンション

通称が「幽霊ペンション」と言います。

何処が幽霊なのかはわかりませんが。

会津地方の積雪量は多く、この時は1mくらいの積雪で、スノーシューを履いてヨッコラショと行ってきました。


_DSC0893_4_5_hdr.jpg

雪が降らない地方で育ったので、雪景色はとても新鮮です。

_DSC1098_099_100_hdr.jpg


_DSC1092_3_4_5_hdr.jpg


_DSC1136_7_8_hdr.jpg


_DSC1152_3_4_hdr.jpg


_DSC1177_8_9_hdr.jpg

良いものが見れたなぁとホクホクしていましたが、この後に悲劇が。

車が凍結路の坂道でスタックしてしまって、気温-5度くらいの真っ暗な中で独り、救援を二時間待つ羽目になりました。




[ 2022/08/10 20:17 ] 東北地方の廃墟 | TB(0) | CM(0)

お久しぶりの姫路DAICEL

先週公開記事のT山プラザホテルからの帰りに寄り道。

風が強くてとても寒かったのですが、工場夜景の醍醐味はやはり冬。

冬は空気が澄んでいて光がクリアであること、クーリングタワーや煙突からの水蒸気がモクモクと噴き出す迫力のある絵が撮れます。


_DSC3634_5_6_7_8_9_hdr1.jpg


_DSC3648_49_50_51_52_53_54_hdr.jpg


_DSC3585_86_87_88_89_90_91_hdr.jpg

また今度。
[ 2022/08/03 20:07 ] 姫路臨海工場地帯 | TB(0) | CM(0)

T山プラザホテル

中国地方の有名物件。

小高い丘の上に立地し、遠くからも建物が良く見えている。

ホテル廃墟はあまり行く機会が無いのですが、近くまで来たので連れて行ってもらいました。


_DSC3402_3_4_5_6_7_8_hdr.jpg


_DSC3440_1_2_3_4_hdr.jpg

この物件の見どころ、宴会場への階段。

廃墟感が出ていて良い感じです。


_DSC3423_4_5_6_7_8_9_hdr.jpg


_DSC3430_1_2_3_4_hdr.jpg


_DSC3480_1_2_3_4_hdr.jpg

最上階のBARかレストランであったであろう部屋。

窓ガラスが割られていて強い12月の寒風が吹き込み、とても寒い。

ガラスが割られていなかった頃はコウモリの糞が床一面に堆積していて、立ち入ると病気になりそうな場所だったらしいのですが、今では十分な換気により

そのようなことはありません(笑)


_DSC3485_6_7_8_9_hdr.jpg


_DSC3465_6_7_8_9_hdr.jpg


_DSC3490_1_2_3_4_hdr.jpg


_DSC3505_6_7_8_9_hdr.jpg


同行者のとし坊氏。

何時もお世話になっています。

この物件は広範囲に荒らされているもののそれが廃墟の演出に一役買っているようで、廃墟感満載の良物件でした。

[ 2022/07/27 20:38 ] 中国地方の廃墟 | TB(0) | CM(0)