スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今日は工作の日

今日は雨模様なので、家の中で工作に励もう。
 
我が家には、FTS-NASというドキュメントサーバがある。
PCをWindows7機に買い換えたところ、共有フォルダにアクセスできなくなったのでIODATAに問い合わせたところ、あいにくWindows7は対応外OSとの事。
 
さてどうしたものか?
このドキュメントサーバはいわゆるNASと言うものだが、24時間稼動を前提とした設計と、HDDが故障した時には本体の電源を切らなくても、機器が稼動したままHDD交換とリビルトができる、サーバーライクな本格設計らしい。
まぁ。おじさんには無用の機能だが・・・・
 
このまま捨てるのも惜しいので、何とかならいかなぁ~と考えていたところ
  ひらめいた☆
RAIDユニットを単独で使おう!
たしか、RAIDユニットとマザーは、IDEでつながっていたはず。
 
HDD直付けUSBインターフェースでPCにつなごう!
我がPCにIDEインターフェースがあれば、IDE直付けで収めるのだが、あいにくSATAしか無いのでそれは×だ。
 
USBインターフェースな何にしようか、グーグル先生に聞いてみた。
SANWAサプライのUSB-CVIDE2がよさげ。
ヨドバシ.COMに ちゅうも~ん。
明日来るらしい。
 
では、工作のはじまりぃ~
 
まずは分解から。

 
RAIDユニットと電源を取り外す。
 

 
もとは、こんな感じ。
 

 
マザーの電源回路コンデンサを見ると、ぷくっと膨れていて、直ぐにもパンクしそうだ。
危ないところだった。
 

 
電源ユニットはニプロン製。いいところを使ってますなぁ・・・
コネクターの構成から、この製品専用のものみたい。
 
電源はどうすっかなぁ・・・・・
SANWAのUSBに電源アダプターがついているが、HDD単体用だもんなぁ・・・
RAIDはHDD2台とRAIDユニットの電力がいるしなぁ・・・・
これの仕様をグーグル先生に聞いたところ、5V2.2A 12V3.2A要るらしい。
USBの電源アダプターでは、ちょっと無理かも知れない。
動いたとしても動作が不安定になってもかなわんので、この電源ユニットを使おう!
 
それでは、電源コントロールの配線を見つけないとどうにもならんので、またもや ぶんかい~い。
 

 
コンデンサ類は、しっかりとしてそう。
基板のシルクを見ると、あったぞ- PS ON
これをGNDに落とせば、電源が起動するはず。
 

灰色線とGNDを結んで、電源とうにゅう!
ばちっし  5Vも12Vも出る。
線の色は、ATX電源の規格と同じ?
 
電源ユニットの工作 かいしぃ~
 
ブログへのUPは、また今度・・・・・
 
だって、写真の容量オーバーですって・・・・
 
↓↓↓お気に召されましたらクリックして頂けると嬉しいです。

 
 
スポンサーサイト
[ 2012/11/23 20:57 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gill5593.blog.fc2.com/tb.php/47-a886a123







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。