スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

姫路にもドボク女子 ☆彡

先週の撮影ではミスが多かったので撮り直しに行きました 姫路。
3週連続の訪問。
到着するとごぉ~ごぉ~と轟音を響かせながら、何時もの倍以上の激しい青白い炎を吹き上げているフレアスタックに、テンションMAX。
そのうちフレアスタックに炎が点るだろうと思っていたが、通ってみるもんだ。
粘り勝ちだもんねぇ~W

_DSC3046_47_48_49_50_tonemapped.jpg

やっぱり、工場写真はフレアスタックの炎と煙突からの煙りが有ると、写真が映える。
この位置からフレアスタックの根元までの距離は50m位ですが、炎の熱気で顔が熱く感じた。
フレアスタックの熱気を感じたのはこの時が初めてだ。

この後、同じ工場を撮影されているチャーミングな女子と出会いました。
よく撮影に来られているとの事で、工場の話をとてもアツく語る姿に、姫路にもなかなかのドボク女子が居られるなぁ・・・と、とても嬉しく思いました。
この工場はメンテナンスで稼動が止まっており、最近再稼動したとの由。
なかなか濃い情報だ! レアな灯りもメンテナンスのおかげか?
工場ファンになったきっかけは、小林哲朗氏の写真集”工場ディスカバリー”を見てからとの事。(私も持ってるし・・・)
とても短い時間でしたが他の撮影ポイントを教えてもらう等、お世話になりました。
またお会いできる機会がありましたら是非ご一緒しましょう(*^^)v

_DSC3381_2_3_4_5_tonemapped.jpg

撮り直しました。空の色がうまく出んかったけど・・・
やっぱり浮気しちゃぁダメだなぁ。光芒の美しさは、いつものカクカク絞りの古いレンズがいち番!
手前味噌で恐縮ですが、カキーンとした光芒が最高 \(^o^)/

次回も続きますよ たぶん。

激しいフレアスタックの炎とカキーンとした光芒がいいね!と思われましたら、是非クリックをお願いします。
ランキングがあがると、とてもやる気が出ます。

にほんブログ村 写真ブログ 夜景写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2013/06/23 19:53 ] 姫路臨海工場地帯 | TB(0) | CM(2)

おお!私のことだo(^o^)o
昨夜はありがとうございました!
リアルで工場好きな人に出会えたこと、新しいスポットを見つけたときのような興奮です(笑)
写真素敵ですねー^^*
見慣れたダイセルですが、全く別物!
どんな風にしたらこんなカッコいい写真になるのですかー!?

Twitter登録したとこで、送り方がわからなかったので、こちらにコメントさせていただきました!

昨夜のドボク女子より(笑)
[ 2013/06/23 23:32 ] [ 編集 ]

Re: 姫路のドボク女子殿 ☆彡

お風呂から上がってきたら、なんとコメントが入っているではないですっか!
暗闇で出会ったわけの分からんおっさんのところに、ようこそご訪問いただきました (^^♪
リアル工場好き・・・は、私も同じです。

素敵なんて恥ずかしい・・・・って写真の事ですね。
これは、±3段ブラケット5枚の写真をHDR(high dynamic range imaging)と言う技法で作って(合成)います。
興味があったら、”HDR”でGoogle先生に聞いてみてください。
私も始めたばかりで勉強中です。

Twitterは、@gill5593を検索してももらってフォローしてください。
私も初心者なのですが、これで操作を勉強しています。(http://twinavi.jp/guide/section/twitter/step0

それでは・・・・
コメントありがとう(^^♪ 

> おお!私のことだo(^o^)o
> 昨夜はありがとうございました!
> リアルで工場好きな人に出会えたこと、新しいスポットを見つけたときのような興奮です(笑)
> 写真素敵ですねー^^*
> 見慣れたダイセルですが、全く別物!
> どんな風にしたらこんなカッコいい写真になるのですかー!?
>
> Twitter登録したとこで、送り方がわからなかったので、こちらにコメントさせていただきました!
>
> 昨夜のドボク女子より(笑)
[ 2013/06/24 00:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gill5593.blog.fc2.com/tb.php/81-71282392







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。